海外の語学学校へ行くよりずっと安く英語が上達する方法

仕事で英語を使う事になった、或いはいつか海外で仕事がしたい等、英語力を磨きたい理由は人それぞれある。また、大金を支払い外国へ行き、語学学校に留学したにも拘らず英語力が伸びなかったという話は、実はよく聞く体験談。そこで、日本に居ながら英語力を上達させる事ができる具体的な方法を紹介する。

TOEFL

英検やTOEIC等様々な英語の資格があり、中でも米国大学に進学する際、英語を母国語としない外国人全てに要求されるのがTOEFLのスコア。リスニングやスピーキング等のセクションに分かれている中、特にリーディングの問題を解く練習を多く行う事がオススメ。内容は、科学や経済、そして環境等アカデミックな分野なため、知らない単語を目にするのは当然。しかし、英語の構造を知り尽くす事で点数が着実に取れるようになる。本当の意味で英語を理解する勉強には、TOEFLのリーディング部分が非常に役立つ。

米国のトークショー

米国では、レイトショーと呼ばれる複数のトークショー番組が毎日放送されている。Youtubeにたくさんアップロードされているので、浴びるほど観る。勿論最初は速くて聞き取れないけれど、毎日繰り返し見ているうちに単語を拾えるようになり、話すスピードに必ず耳が慣れていく。英語は実はリズムが重要だと体感できる何よりの方法で、耳から入り記憶された発音の強弱はいざ自分が話す機会を迎えた時に大きな効果を発揮する。また、トークショーを観ながら笑えるようになってくると、勉強している事を離れ、英語を学ぶ事自体が楽しくなる。

お金はかけず、汗は流す

TOEFLのリーディングを勉強して英語の構造を学び、レイトショーを観て英語を音で体得すれば、かなり英語力は上達しているので、試しにどれか英語の資格試験を受けてみると、以前と比べて明らかな上達が結果として表れる。何よりも費用が殆どかからない上に、外国へ行かなくても英語力が伸ばせることを実感できる方法だ。勿論、たくさんの努力は必要だが、どんなスキルを磨くにも同じことが言える。