ファスティングダイエットとしてのスムージー活用で注意したいこと

スムージーは腹持ちがよく、栄養バランスも良いので健康的にダイエットを行いたいという人には大人気のアイテムです。ファスティングダイエットのアイテムとして利用する人も多いですが、スムージーをファスティングに利用するときには少し注意したい点もあります。ファスティングダイエットアイテムとして、スムージーを利用するときの注意点についてまとめました。

作り置きはできない

まず、スムージーは作り置きできないことを理解しておきましょう。手作りスムージーでも市販の粉末タイプのスムージーでも同じことです。

ファスティングでは、毎食スムージーになりますので、まとめて作っておけたら楽ちんですよね。毎回ミキサーを回してつくるとなるとなかなか面倒です。

その気持ちは分かりますが、スムージーは作り置きしてしまうと栄養価がどんどん変化していきますし、見た目に色が変わってしまったり、そこに沈殿したりして、美味しそうにありません。さらには、風味が落ちてしまい、美味しいはずのスムージーがまずいものになってしまうこともあります。

ですので、面倒なようでもスムージーは毎食作るようにしてください。

スムージー以外にも水分補給すること

スムージーは飲み物ですので、ファスティングダイエット中の水分補給はそれで十分と考える人もいるかもしれません。

ファスティングダイエット中の水分補給はとても大切ですが、スムージーだけで賄えるという考えは間違っています。

たとえスムージーをしっかり飲んでいても、それ以外に水をたっぷり用意しておきしっかりと水分補給をすることが大切です。

ファスティングダイエット中は、いつもに増して水分補給が必要だと考えておきましょう。

断食後は徐々に普段食に戻す

スムージーでファスティングダイエットをした後、急にいつもの食事に戻す人がいますが、これはリバウンドなどのリスクを高めてしまいます。

断食期間が終わって普段の食事に戻すときにも、できるだけゆっくりと移行するようにしましょう。

スムージーに加えて、少しずつおかゆやみそ汁を加えていく、といった感じです。

ファスティング後もスムージーは続けよう

ファスティングダイエットとしてスムージーを利用するときの注意点についてまとめてみました。ファスティングダイエットが終わった後は、スムージーも終わりにしてしまう人もいますが、おすすめなのは継続してスムージーを飲み続けることです。

スムージーは手軽に野菜や果物由来の栄養素を補給できるので、毎日の健康のためにもぜひ続けてみてください。